脱ED生活
レビトラ通販で手に入れた30代の脱ED生活   >   レビトラ通販のデメリット

レビトラ通販のデメリット

デメリット

ED治療にレビトラを使用する為には、レビトラ通販を利用して購入する必要があります。レビトラ自体は、日本の厚生労働省からも認可されている医療薬でありますので、国内でも病院やクリニックで直接購入する事ができます。

しかし、通販はインターネット内だけですべて完結させるため、時間がかからず便利である為、多くのED患者が利用しています。少々希少な医療薬であるED治療薬は、すべての病院で購入する事ができるわけではなく、自宅の近くの病院にはED治療薬を置いていないケースもあります。

何かとメリットの多いレビトラ通販ではありますが、もちろんデメリットも存在します。通販に関するデメリットをこちらでまとめました。

レビトラ通販を利用する時に、大抵の方が予算を商品代金だけだと思っています。しかし、海外から発送される通販サイトでは、送料が約1000円ほど掛かり、もちろんその送料は購入者負担の為、商品代金+送料が支払う料金になります。

通販サイトの中には、1万円分の購入をすれば送料無料などもありますので、賢く利用しましょう。

次に、実際に購入して手もとに届くまでに時差があるという事です。上記でも記載していますが、レビトラ通販サイト等で購入した商品は、海外からの直接発送となります。その為、支払いが完了してから発送され、手もとに届くのは大体1週間〜2週間と掛かってしまいますので、急いで使いたい方にとってはとても不便に感じるでしょう。出来る限り時間に余裕を持って購入するようにしましょう。

ラストに、通販サイトで購入されたレビトラにもしもの事(副作用等)があったとしても、自己責任として処理される為、きちんとメリット・デメリットを理解したうえで購入するようにしましょう。