脱ED生活

レビトラあれこれ

沢山の情報

ED治療でレビトラを使用するならば、しっかりその薬がどのような効果を持っているから確認したいものですよね。病院やクリニックで購入したレビトラの場合は、医師からの説明があるかと思いますが、通販で購入となれば、教えてくれる医師はいませんので、自分で確認しなければなりません。こちらからレビトラのあれこれを確認しましょう。

まず、レビトラには多くの併用禁忌薬や併用注意薬、また使用してはいけない人など、多くの制限があります。EDという症状さえ除けば、健康体という方でさえしっかり確認する事をオススメします。

まず、レビトラの効果には血流を良くする作用がありますので、血流に作用する他の薬との併用は禁止になります。特に硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリンや亜硝酸アミル等を含む)や、CYP3A4wo阻害する薬剤(リトナビル・インジナビル・プリジスタ・テラビック・ケトコナゾール等を含む)などの併用はしてはいけません。

併用してしまうと、副作用は強く発症してしまい、死のリスクが高まります。併用注意薬もあるため、もし普段から薬を服用している男性は、一度自分が使えるのか確認する為にも医師の相談をうける事をオススメします。

次に、食事の影響にも注意して下さい。レビトラは影響を受けにくい作りにはなっていますが、それはバイアグラと比べた場合の話であり、ED治療薬は基本的に食事の影響をうけます。受けにくいとはいえ、食後に服用する事で吸収が遅くなったり、効果が現れにくかったりしますので、できる限り食事時間をさけて服用するようにしましょう。

レビトラを含め、ED治療薬は優れた薬であることは間違いありません。しかし、身体には相性があるため、自分に合う薬を使うようにしましょう。